金融機関の 裏の裏まで知り尽くした「元銀行マン」が御社を徹底サポート ご相談無料 最短当日アポOK

2021年3月31日

倉庫業登録と開発行為

こんにちは。行政書士きらめき事務所の柴田です。

最近、倉庫業登録の申請を、続けてお引き受けしています。


横浜の関東運輸局との事前の打ち合わせが大切になる申請です。


個別の案件毎に必要となる書類を早めに把握して、準備していく必要があります。


今回お引き受けした申請手続きでは、茨城県の市街化調整区域での倉庫建設が予定されており、地元の市役所での開発行為申請と並行して、倉庫業登録の事前協議及び申請手続きを行うことになります。


地元の市役所の開発行為の担当課からは、横浜の関東運輸局に対して、建設予定の倉庫について、貨物の取扱量や車両の発着数の見込みについて問い合わせが入ります。


それに対応するために、倉庫に出入りする予定のトラック事業者から、意向書をいただき、運輸局に提出する必要があるため、そのコーディネートを行いました。

別の事務所で事前協議を進めていただいている開発行為に先行して、弊事務所で倉庫業登録の申請を行い、その後、開発行為の申請がされて、先日開発行為の許可が下りました。

今後は、建設する倉庫の建築確認申請に伴い、必要があれば倉庫の図面等の差し替え等を行い、竣工後、倉庫業登録も完了する、という流れになります。

行政書士きらめき事務所では、倉庫業登録の取得に向けて、申請手続の代理・代行をお引き受けしています。お気軽にご相談ください。

5つの強み
サイト内検索