金融機関の 裏の裏まで知り尽くした「元銀行マン」が御社を徹底サポート ご相談無料 最短当日アポOK

2020年1月19日

貸切バス事業の更新許可

こんにちは。行政書士きらめき事務所の柴田です。

先日、一般貸切旅客自動車事業、貸切バス事業なの更新許可申請のお手伝いをしました。

貸切バスは、5年毎の更新制が導入されていて、更新申請にあたっては、今後の事業計画を作成する必要があります。

過去の決算書の数字だけではなく、労務関係の経費、安全対策関係の経費、車両毎の減価償却費などの数字も必要になるので、普段からお付き合いしている会計事務所の力も借りながら、早めに準備を進めることになります。

今回は、申請期限近くになってからのご依頼でしたが、何とか申請にこぎつけることができました。

関東運輸局に提出したのですが、申請の審査が大変混み合っているようで、申請は受理するが補正の連絡は1年後になる、その間、現在の許可の期限を延長する、とのことでした。

補正が1年後、というのは、他の許認可ではなかなかない、随分珍しい処理ですが、貸切バスの営業には特に影響はありません。

5つの強み
サイト内検索