金融機関の 裏の裏まで知り尽くした「元銀行マン」が御社を徹底サポート ご相談無料 最短当日アポOK

2018年5月9日

法人成り後にすぐに融資は通る?すぐに融資を受けるコツとは

法人成りに強い行政書士の柴田です! このページでは法人成りについてよく聞かれる「法人成り後に融資を受けるための注意点」について、どなたにもわかりやすく解説をしています。 法人成り後に融資を受けるには何をすればいいの?融資を受けるコツは?という疑問にお答えしているのでじっくりとご覧ください!

法人成りする場合に気をつけるべき「銀行融資」の注意点

法人成りをすると、決算書の信頼性が上がります。個人事業より法人の方が、会計上、個人の勘定と法人の経営資金の区別を強いられ、財産管理が整備され、損益・収支が明瞭になるからです。 したがって、銀行はより明確な判断ができ、融資をしやすくなります。 ただし、気をつけるべきなのは、個人事業として銀行から借入をしていた場合です。 法人成りに伴い、この個人としての借入をどのように扱うか、借り換えをするのか、それとも個人として返済を続けるのか、銀行とよく相談をする必要があります。法人成りすることで、個人としては、借入の返済の裏付けとなる、事業から生まれるキャッシュフローはなくなるからです。 借り換えをするとしても、個人として返済を続けるにしても、銀行とよく相談をして、銀行との信頼関係を損なわないことが、一番重要です。法人成りして、これからも法人として、銀行から借入を行なっていくことになるからです。

法人成りしてすぐ融資を受けるコツ

法人成りしてすぐ融資を受けたい場合のコツは、
  1. 事業が法人に移っていることを示すこと
  2. 自己資本の厚み
  3. 資金使途
  4. 担保
の4つです。 以下、それぞれ解説します。

事業が法人に移っていることを示すこと

銀行から見て、融資をするには、返済のためのキャッシュフローがあるかが、最も重要です。したがって、法人成りによって、個人事業から法人へ、キャッシュフローを生み出す事業がきちんと移転していることを、銀行に対して示すことが必要です。事業に必要な資産を移し、取引のための銀行口座も変更していることが重要です。

自己資本の厚み

銀行が融資をするにあたって、自己資本が厚いことは重要です。法人成りをした直後は、事業の利益による資本の蓄積はない状態なので、法人設立時の資本金がそのまま自己資本となるため、資本金の金額は大きい方が融資は受けやすいことになります。ただし、資本金については、会社設立時に一時的に銀行口座に入金すれば、謄本上は形をつくれるため、実質的に資産の裏付けがあるかが重要です。

資金使途

法人成り直後か否かにかかわらず、融資を受ける場合、借りたお金の資金使途は重要です。設備資金なのか、運転資金なのか、具体的には何に充当するのか、銀行に説明することになります。

担保

融資を受けるにあたって担保を提供する場合、事業のため法人に移す資産であれば、名義を法人に変更して担保とする必要があります。また、個人名義のままの資産を担保にして、法人として融資を受ける場合は、物上保証人として担保提供することになります。

法人成りする場合、融資については、銀行によく相談しましょう!

いかがでしたか? 法人成り後の融資についてのポイントをまとめます。 ① 個人事業での借入をどう扱うかについては、銀行によく相談しましょう。 ② 法人成りしてすぐ融資を受けるには、①事業が法人に移っていることを示すこと、②自己資本の厚み、③資金使途、④担保、の4つが重要です。 行政書士きらめき事務所では、法人成りと、それに伴う会社設立、会計顧問に関する相談を無料で受け付けておりますので、お気軽にお問合せください。
5つの強み
サイト内検索