資金調達支援をご利用のお客様の事例

行政書士きらめき事務所

東京・柏・つくば・取手ほか、融資・補助金地域No.1

東京の方はコチラ 03-5755-3030(平日9:00〜18:00) 東京都大田区久が原4-44-5(株式会社日本資金調達支援) 茨城の方はコチラ 0297-86-6088(平日9:00〜18:00) 茨城県取手市新町1-4-1(行政書士きらめき事務所) お問い合わせ

資金調達支援をご利用のお客様の事例

銀行借入の返済猶予茨城県・製造業

数年前から少しずつ銀行借入が増加していたところ、ここのところ売上が一時的に急減し、今月下旬の借入返済を行うのが難しいのですが、どうしたらいいですか。

この数ヶ月の間に各取引銀行に追加の借入を申し込み、断られている状況でした。

早速お客様と一緒に、メイン銀行をはじめ各取引銀行に、元本返済猶予の依頼にうかがいました。
結果としてまず6ヶ月の返済猶予となり、合わせて銀行への提出が必要となる経営改善計画の作成をお手伝いいたしました。

ご相談内容:銀行借入の借り換え東京都・サービス業

先月大口の顧客から取引を打ち切られ、来月以降の銀行借入の返済が難しいのですが、どうしたらいいですか。

大口の取引がなくなったものの、新規の事業立ち上げや顧客開拓で、数ヶ月先には会社の売上は回復する見込みでした。

取引銀行のうちの一つにお客様と一緒にうかがい、他の取引銀行からの借入もまとめた借り換えを打診しました。
結果として借入総額も増額し、かつ最終返済期限を長くすることで月々の返済は減額する形で、新たな借入をすることができ、滞ることなく銀行借入の返済を続けることができました。

ご相談内容:新規事業のための新たな借入茨城県・販売業

新規事業を立ち上げるために運転資金を借りたいのですが、手伝ってもらえませんか。

以前に、元本の返済猶予のため、銀行への交渉と経営改善計画の作成のお手伝いをさせていただいた会社からのご依頼でした。
利益率は低いものの、銀行借入の返済は順調に進めていました。
そこで、銀行との交渉に同席し、会社の現況と新規事業のメリットをていねいに説明いたしました。

借入交渉をお手伝いすることにより、2つの銀行から新規の借入を行うことができ、新規事業のための運転資金を確保することができました。

ご相談内容:創業のための新規借入茨城県・IT業

創業するために資金を借りたいのですが、手伝ってもらえませんか?

創業後の事業内容についてはお客様の社内でイメージが練られていました。
しかし、社長予定者の方も役員予定者の方もシステム開発が専門で、事業計画を言葉にしたり会計上の計画を作成していくことは得意ではありませんでした。

銀行へ提出する事業計画の作成をお手伝いさせていただき、設備資金と運転資金の借入に成功しました。