金融機関の 裏の裏まで知り尽くした「元銀行マン」が御社を徹底サポート ご相談無料 最短当日アポOK

2018年12月10日

会社設立時に用意する払込証明書に必要な通帳のコピーについて

会社設立に際して用意する書類に払込証明書というものがあります。これは会社が間違いなく資本金が振り込まれたということを証明する書類です。それには通帳のコピーを添付しますが、どういう項目が必要なのかを中心に調べていきましょう。

設立方法による違いとは

会社設立の登記申請には、資本金の払込証明書が必要となります。資本金の払込証明の方法は、会社の設立が発起設立か募集設立かによって異なります。 発起設立の場合には、払込証明書と資本金が振り込まれた口座の通帳のコピーが必要です。通帳のコピーは、表紙と、支店名等が書かれている表紙の裏、資本金の振込が印字されているページの3枚が必要になります。 ネット銀行を利用した場合は、金融機関名・支店名・支店番号・口座番号・口座名義・振込日・振込人の氏名・振込金額が確認できるところを、必要あれば何枚かに分けて印刷することになります。 一方募集設立の場合には、発起人の口座がある金融機関から払込金保管証明書を発行してもらう必要があります。払込金保管証明書の発行には日数を要するので、余裕を持って準備しましょう。

残高証明書について

以前の会社法では、会社設立手続きとして資本金を金融機関に振り込み、「払込金保管証明書」を金融機関から発行してもらう必要がありました。つまり、資本金が実際に入金された事実を金融機関によって証明してもらう必要があったのです。 しかし新会社法では、発起設立の場合の資本金の払込みは、払込金保管証明書は必要なく、「残高証明で足りる」となっています。この場合の残高証明とは、世間一般にいわれる「残高証明書」とは異なり、「払込証明書」を指します。 「払込証明書」とは、発起人代表者個人の口座に、出資者が資本金の払込みを行ったことを、銀行ではなく会社代表者が証明する書類になります。

ネット銀行の口座での残高証明について

会社設立時に資本金を払い込んだ際、振り込み先の銀行口座の通帳をコピーします。 この時、通帳がないネット銀行の口座の場合は少し面倒です。通帳なら大体どこに何が書かれているのか分かっているのでコピーするのも難しくありません。 しかしネット銀行の場合では取引画面を見るのに不慣れなこともあり、あちこちと必要項目を探して印刷しなくてはなりません。特に入出金明細は別のページに飛ぶことになるので少々厄介です。 ネット銀行ごとに画面構成が違うので、漏れがないように気をつけなければなりません。

払込証明作成のポイントとは

会社設立に際しては、資本金が間違いなく振り込まれたということの証明する払い込む証明書が必要になります。これは設立方法により違いがあります。さらに払込証明をするのに必要となる通帳の部分についても通帳のある口座であれば日頃見慣れているので必要項目はすぐにわかります。 しかし、ネット銀行を会社口座として利用する場合には注意が必要です。ネット銀行はネット上に取引画面が現れます。普段あまり見慣れていないので、必要項目をみつけるのに少し時間がかかり、必要項目が複数に分かれてしまうことがあります。 会社設立時に払込証明をするのは一度だけです。ネット画面で必要項目を探し、どういう配置で印刷するのかも考えながら行えば、決して難しい作業ではありません。この場合必要項目が分散している場合は、漏れがないように注意が必要です。
5つの強み
サイト内検索