金融機関の 裏の裏まで知り尽くした「元銀行マン」が御社を徹底サポート ご相談無料 最短当日アポOK

2018年12月10日

資本金は預け入れではだめなのか

資本金を法人口座に移す前にやっておくべきことがいくつかあります。個人口座への振り込みについて間違ってはならないポイント、さらには払込証明書における必要事項などについて、詳しくみていくことにしましょう。

資本金は預け入れではダメな理由とは

会社設立時の資本金の払込証明のために銀行口座の通帳コピーを提出する必要があります。その際に、発起人が1名だけなら、本人の口座への預け入れでも問題ありません。 しかし、発起人が複数名いる場合で1名の発起人の口座に集める場合は、それぞれの発起人が預け入れではなく、各分担資本金を各人が個別に振り込むことが必要になります。 これは預け入れでは入金した方の名前が記帳されないので誰がいつ、いくら入金したのかが不明瞭になり、後々のトラブルにもなりかねないからです。 きちんとした証拠を残すためにも、口座本人以外の発起人は、それぞれ振り込みで資本金を口座へ移すのがベストです。 なお1つの口座に集めなくても、発起人が各自の銀行口座に預け入れた資本金金額をコピーして出すことも可能です。しかし、こうすることで提出書類が煩雑になります。

資本金振り込みのタイミングとは

会社設立時の資本金の意味合いは、「当面の会社運営の元手」と考えられます。お店を始める場合でも最初から売上があるわけではなく、販売する品物を仕入れることから始めなければなりません。そのためのお金として資本金があるのです。 さて会社設立の流れは、まず会社設立の要件を整理し設立書類を作成・押印します。次に定款を公証役場で認証してもらい、その後に資本金を払い込むことになります。 さらに資本金の払込証明書を作成・押印し、会社設立書類をそろえ法務局へ登記申請するという手順になります。 ここで大事なのは資本金の払い込みのタイミングで、定款の認証後に実行されるのが基本であるということです。 順序があり、それぞれが大事な作業になるので慎重に行う必要があります。

通帳のコピーの意味は何か

資本金払込とは会社設立時に行う資本金の金額を銀行口座に振り込むことです。会社の銀行口座はまだ作れないので、まずは発起人個人の銀行口座を使います。 このために新たに銀行口座を開設する必要はなく、今まで普通に使っていたもので問題ありません。 振り込んだら通帳の表紙、表紙の裏、振り込み内容が記帳されているページをA4サイズでコピーします。 表紙の裏とは支店名・支店番号・銀行印などが記載されているページのことです。 振り込み内容のページには、発起人の名前と金額にマーカーで印をつけるとわかりやすくなります。

払込証明書とはどのようなものか

資本金が集まれば通帳の表紙、表紙の裏、振り込み内容が印字されたページのコピーをとります。そして払込証明書の作成に移ります。 「払込があった金額の総額」と「払込があった株数」は定款に記載されたとおりの数字を記入します。 「1株の払込金額」は「払込があった金額の総額」÷「払込があった株数」で求められた数字を記入します。 「日付」は資本金が振り込まれた最も遅い日以降の日付を、そして「本店所在地」「会社名(商号)」「代表取締役氏名」の「 」内に書かれた7つの項目について記載します。 その払込証明書に通帳のコピーを合わせホッチキスで綴じ、必要箇所に押印すれば完成です。

払込証明書作成までの流れについて

個人口座へ各分担資本金を入れる時は預け入れではなく振り込みでなければならない理由がおわかりいただけたのではないでしょうか。 大事なのは振り込みのタイミングが定款の認証後であるということです。そして登記申請のために用意する払込証明書には、払込があった金額の総額、払込があった株数、1株の払込金額、日付、本店所在地、会社名(商号)、代表取締役氏名の7つの項目を記載することが必要で、払込証明書ができあがれば通帳のコピーと共にホッチキス止めすれば完了です。一つ一つの項目のルールさえ守れば、決して難しい作業ではありません。基本のルールをしっかり理解し手続きをしましょう。
5つの強み
サイト内検索